インテリア

マイホームを依頼するなら工務店がベスト!

最高の技術をもった大工

建設現場

伝統に裏打ちされた技術力

建築物を建てる職人のことを大工と言いますが、大工にも色々な種類があります。その中でも最高の建築技術を持っているのが宮大工です。主に神社や寺院の建築や改修工事を行います。一般の住宅を建設する会社でも宮大工が棟梁になっている所があります。宮大工がいる建設会社にマイホームを依頼するお客が増えています。その理由は伝統に裏打ちされた確かな技術力があるからです。一般的に宮大工は神社仏閣が専門と思われていますが、実は一般の木造住宅を手がける職人も多いのです。宮大工には職人としてのプライドがあるので、自分が建てた家についてはとことんアフターフォローをしてくれます。また使い勝手が悪い箇所や不具合が出た箇所については、すぐに修正をかけてくれます。このように自分が関わった家に関しては、とことんフォローしてくれるのが宮大工の良さです。大手のハウスメーカーの場合はいくつかのプランが決まっていて、その中から自分に合ったプランを選ぶようになっています。しかし宮大工の場合はフルオーダーの家造りができます。例えばキッチンのシンクの高さは、主婦の身長によって使いやすいように調整してくれます。間取りなども自由に配置できますし、全ての部屋の日差しと風通しをよくしてほしいと希望すれば、そのような家造りをしてくれます。不可能でない限り、施主の注文を実現してくれるのが宮大工の家造りです。また材質を見る目が養われているので、同じ値段の材木でも品質の良い方を選んでくれます。

Copyright © 2017 マイホームを依頼するなら工務店がベスト! All Rights Reserved.